中年以降になると、下がる生産性と関係があった

若いときには仕事量よりも低い給料しかもらえない理由とは?

ところが何年か後、Aさんの会社は長引く不況の影響でリストラを余儀なくさせられ、Aさんも早期退職に応じることになった。そこへ手をさしのべてくれたのがBさんである。Bさんの酒屋は何代も続いた老舗だが、彼は店のじり貧状態を改善するため、経営を一新しようと考えていた。その矢先だったので、たまたま再就職先を探していたAさんを「片腕」として招いたのである。Bさんの酒屋は、会社といっても家族経営に毛の生えたような規模であり、社員を一人雇うのも容易ではない。Aさんから受けた恩がなければ、Bさんははたして迎え入れる決断をしただろうか?

最近聞いた、つぎのような話もある。30代のCさんは、ある中堅企業の人事部で仕事をしていた。そこへ同じ大学の後輩に当たるDさんが、採用の面接を受けにきた(それまで二人は面識がなかった)。面接でDさんは、実家が会社を経営していること、そして将来はその会社を継ぐつもりでいることなどを語ったという。大学の先輩・後輩という関係で、CさんはDさんのキャリアについて親身にアドバイスしてやったようだ。Dさんのまっすぐな性格と意欲はCさんに伝わり、迷わず内定を出した。

しかし残念ながらDさんはせっかくもらった内定を蹴って、別の会社に就職してしまった。経営者になるための修行の場をその会社に求めたのだ。Cさんにとって、Dさんとの出会いはよほどインパクトがあったのだろう。しばらくたって、こんどはCさんがDさんを訪ね、Dさんの親が経営する会社に入れてもらえないかと頼み込んだ。採用されたCさんは、跡取りのDさんが経営者として戻ってきたら支えるべく、準備を整えているという。
かなり精密な適職診断や性格診断があり、企業からスカウトメールを送ることができる機能のあるリクナビネクストでの掲載で新しい事業に参加してくれる求人を探すことにしました。
いちばん安い求人広告掲載のマイナビのお得な料金のプランですと、ミニマムコース20万円になります。職種や原稿の追加が8万円になり、年間回数券もあります。
旅行が趣味なので、あちこちの国をまわって最も気に入った国で就労ビザを取得して働くつもりです。もっとさまざまな街を訪れて見聞を広めて、さまざまな知識を得たいと考えています。


ただそれは、あくまでも人脈の形成という視点から見た「最適」期間であり、しかもアメリカという超流動的な社会を前提にしている。人脈形成とは別に、仕事能力を身につけるにもそれなりの期間が必要である。とくに日本の場合、サービス業や情報・ソフト系の企業でも若手社員に責任ある仕事を任せているところはそれほど多くない。

また、若い人より年配者を信用するような社会的な風土があるので、あまりにも若いと有力な社会的ネットワークづくりにも支障をきたす。そのため転職や独立に必要なだけの実力を身につけるには、アメリカよりも長い期聞を要する。また「石の上にも3年」という諺があるように、短期間で離職した人に対する世間の目はアメリカほど温かくはない。

最新情報
2013/11/25 注目記事を更新しました。
2013/11/21 新着記事を更新しました。
2013/11/20 「報酬」の価値を更新しました。
2013/11/17 生産性を上回る給与を更新しました。
2013/11/15 転職・独立を更新しました。
2013/11/13 自衛隊の任官制度を更新しました。
2013/11/12 若いときには仕事量よりも低い給料しかもらえない理由とは?を更新しました。
2013/11/09 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
人材バンクネット転職EXビズリーチ
会員登録してキャリアシートを作成し、匿名公開すると人材バンクからスカウトが受けられるシステムの転職支援サイト。11個の大手転職サイトの求人情報を一括検索・応募できる転職支援サイト。年収1000万以上の仕事へ!高収入を得る転職サイト 情報続々更新中